Home > 「アッカムイ」 子供の守り神 

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

モモくんは子供の守り神

 

 

ほとんどが モモくんの

ひとりごとで~す  へへ

 

アレ! うつっちゃった テヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

モモくんの住んでいる所

 

北海道の平野部から亜高山帯にかけての森林や林。

 

札幌市内の森林公園や円山動物園付近にも生息している。

おかあさん はやくかえってこないかな~
もぐもぐ もぐもぐ  あれ! ん~ やっぱりおいしい
あのおおきなとりさん なにしてるのかな~   おかあさ~ん
えへ! しかさんがゆきであそんでる~

「アッカムイ」 子供の守り神

 

エゾモモンガ

 

エゾモモンガ(蝦夷小鼯鼠、Pteromys Volans orii)は、ネズミ目(齧歯目)リス科リス亜科モモンガ族モモンガ属タイリクモモンガ種の亜種で、北海道に生息するモモンガである。

 

 

エゾモンガの特徴

 

・ 成獣の大きさにはオスとメスでは違いがあり、体長はオスの方が長く16-18cm、メスは約15cm。

・ 尾長はオス・メスともほぼ同じで約10cm。

・ 体重は、オスが約120g、オスとメスを区別していないデータでは、体重は80-120g。

・ 耳長は18-22mm。

・ 後足長は32-35mm。

・ 体毛の毛先の色は1年を通して頬から胸部、下腹部にかけて白色。

・ それ以外の部位は白色または褐色。

・ 毛の下部は黒色。

・ 目は体格に比して大きく、直径7-9mmあり、目の周囲の毛色は黒色。

・ 陰茎骨は細長い。

・ 歯数は、切歯が上2本下2本、犬歯は無し、前臼歯は上4本下2本、後臼歯は上6本下6本、合計22本。

・ 乳頭数は、胸部2対、腹部1対、鼠径部1対、合計8個。

・ 指趾数(指の数)は、前肢が4本(第1指が無い)、後肢が5本、合計18本。

 

 

新生子の大きさは

・ 体長は5.0-5.6cm。

・ 尾長は2.2-2.5cm。

・ 体毛はほとんど生えておらず、視力と聴力はまだない。

 

(ウィキペディア エゾモモンガより抜粋)

しかさん と しかさん あたまごっつんこしてる いたくないのかな~ へへ
よいしょ よいしょ  おかあさん はや~い!
キリッ! なにか ごようですか?
モモくん なにみてるの~?   ん~~ じ~~~

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

モモくんは空を飛ぶ

 

 

 

 

モモくんの飛膜と尾

 

エゾモモンガは滑空するための飛膜を持っている。

 

飛膜は頬後部から前肢まで、前肢から体側にそって後肢まで、後肢から尾の付け根まである。

 

前肢の手首の先には硬い軟骨が伸びており、飛膜もこの軟骨にそって広がっている。

 

尾の断面は扁平で、滑空時は方向舵の役目を果す。

 

 

滑空できる距離は約50mであるが、高所から低所へ滑空するので、離木位置と着木位置の高低差が大きければ滑空可能距離が長くなり、高低差が小さければ滑空可能距離が短くなる。

ん~ きょうは いっぱいとんでみようかな
モモくんがとんでる~ すご~い!
どぉ~ ぼくすごいでしょ! へへ 
へへ モモくんだよ~ きもちいいな~ 

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

モモくんの住んでいる家

 

 

 

エゾモモンガは様々な物を巣として利用し、キツツキの古巣(樹洞)や人為的に樹木に架けた鳥用の巣箱、人家などの屋根裏、エゾモモンガの古巣などが巣となる。

 

 

 

またエゾモモンガ自身も枝や樹皮を利用して巣を作り、巣内に乾燥した柔らかい 植物性の巣材を運び入れ、その中で眠る。

おかあさん おへやの おそうじだって ほくもおてつだい あ~いそがしい いそがしい!  
おともだちの しかさん なにしてるのかな~?
モモく~ん あそぼ~!  ん! な~に?
うぉ とりさんだ ぼくもとべるよ! へへ

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

モモくんの食べ物

 

 

 

エゾモモンガは雑食性で、基本的には植物性のものを食べているが、昆虫なども食べる。

植物では樹木の芽や花、葉、樹皮、種子、ドングリなどである。

 

昆虫は成虫も幼虫も蛹も食べる。

 

 

またエゾモモンガは手の指が長いので食物を手で持って食べることができる。

 

モモく~ん たべてるそれ おいしい~?   えへ すっごく おいしいよ!
ぼくモモくん これすっごくおいしいよ! へへ たべる?
おかあさんがね モモくんきれいにたべるね~ だって へへ
ぼくこれ こりこりして だ~いすき!  へへ

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

モモくん誕生と親離れ

 

 

繁殖期は初春から夏にかけての期間で、2月下旬から3月下旬に発情し、4月中旬から8月に出産する。

 

出産回数はその年の繁殖期に1,2回で、通常は1回。

1回の出産の新生子数は2-5匹。妊娠期間は不明。子育てはメスだけで行う。

 

ムササビ等と違い、他のオスに対しての攻撃性が殆どない。

 

 

幼獣は生後約10週目に親離れし、翌年には繁殖が可能となる。 

ぼくのきょうだいで~す へへ  よこからみてるの だ~れだ! 
きよう なにしてあそぶ~?  ん~ しかさんこないかな~
モモくん ど~したの? ん~ だれかみてる~
おにごっこ  モモく~ん! かず ちゃんと かぞえた~?  へへへ

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

モモくん 優しくて可愛い女の子

見つけた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾモモンガが天敵に気づいたときの対処方法は、天敵が離れて行くまで身動きせず、天敵に気づかれないようにすることである。

 

その時間は1-2時間におよぶこともある。

 ど~ぉ かわいい こ でしょ へへ      どっちがぼくか わかる~?
おはなと おはな くっつけた~ へへ
きょうね すっ~ごくなかよくなったよ! へへ    
モモくんこわ~い だいじょうぶ うしろにくっついてて!

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

 

モモくんの鳴き声

 

 

エゾモモンガは「ジィージィー」と鳴く。

 

 

 

 

よいしょっと   へへ いたずらしないよ
んっ なにか~?
んっ おかあさんあんなたかいところにいる! よ~し ぼくもいく!
すやすや すやすや  ち ちがいます~!  かみさまにおねがいしてるんですぅ~ あれ? 

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

モモくんの寿命

 

 

エゾモモンガの寿命は、飼育個体では4-5年だが、野生個体では3年未満が多い。

あのね! ぼく ねむくないの ど~して?
ぼくね いまかんがえてるの   で~も~ い~わ~ない! へへ
んっ だれかこっちみてる  ぴた!  うごいちゃだめって おかあさんがいってた
モモくん すご~い! モモくんの めに おそとぜ~んぶうつってる   えっ ほんと! どうしちゃったのかな~?

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

モモくんは子供の守り神

 

 

 

 

 

 

 

 

よいしょ よいしょ ん~ お・ち・る~
ふ~ かりかり やっぱりおいしい!
とりさんでないよ ぼくだよ モモくんだよ!
とりさん とんでる!  ぼくも たかくとびたいな~

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

モモくんは子供の守り神

えぇ~ おもしろ~い!
しずかですぅ おかあさんだいじょうぶかな~  ぼくがいなくて! へへ
きれいきれいしないとね おかあさんにしかられま~す へへ
ん! なにかな?

「アッカムイ」 子供の守り神

 

 

 

 

 モモくんは子供の守り神

かみさまは こ~んなかんじ?    なんか テストのときのせんせいににてない? ぷっ!  
モモくん おいのり?  ん~ きっとそうだね! ふふ
ん~ ぼく ちょっとねむくなっちゃった へへ  
モモくんです~ぅ   ぼくよくわかんない    やっぱりモモくん かみさまだ~

子供の守り神 モモくん

 

 

 

 モモくんの住む北海道 「青い池」

「青い池」  北海道上川郡美瑛町白金
お問い合わせはこちら